Generation neXt

遊号のページへようこそ。遊戯王OCGについて書きこんでいこうと思います。主に、デッキのレシピを上げていこうと考えてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル忙しかった

どうも遊号です。
ここのところ数日空いての更新になってしまいました。反省。
さて、ライトレイについてのレシピですがどうにも難しいです。とりあえずあげてみますが数日後には別の形をのせたいと考えています。

【リクル・ライトレイ】

モンスター16枚
《シャイン・エンジェル》×3
《コーリング・ノヴァ》×3
《オネスト》×1
《異次元の女戦士》×3
《ライトレイ・ダイダロス》×2
《ライトレイ・ソーサラー》×2
《古代の機械巨竜》×2

魔法17枚
《歯車街》×3
《フューチャー・ヴィジョン》×3
《テラ・フォーミング》×2
《死者蘇生》×1
《ブラック・ホール》×1
《モンスター・スロット》×3
《月の書》×1
《大嵐》×1
《サイクロン》×2

罠7枚
《奈落の落とし穴》×2
《神の警告》×2
《神の宣告》×1
《激流葬》×2

主な動きはリクルーターの自爆特攻から《ライトレイ・ダイダロス》の召喚条件を満たさせて《ライトレイ・ダイダロス》の除去効果をフィールド魔法とセットで使用する。もしくは自爆特攻で稼いだ墓地のモンスターを利用して《モンスター・スロット》の効果で除外・《異次元の女戦士》の効果を使用し、《ライトレイ・ソーサラー》を特殊召喚してアドバンテージを稼ごうというものです。《フューチャー・ヴィジョン》は《ライトレイ・ソーサラー》の召喚補助にもなるし、《ライトレイ・ダイダロス》のコストにもなり、相手を縛る事ができるので採用してみました。
スポンサーサイト

新制限での絶望→GAOVでの希望

GALACTIC OVERLORDでましたね。
新カテゴリー《聖刻》の強さは今までのドラゴンを変えていく気がします。ドラゴン使いの友人は《聖刻》のパーツを集めていますし。
ドラゴン使いにとっては喜ばしい事なんだと思います。
でも、遊号はドラゴンには嫌われているし作る事はないかなー
と、言う訳で個人的に気になった《聖刻》以外のカードを紹介していこうかと思います。

《ライトレイ ソーサラー》
効果モンスター
星6/光属性/魔法使い族/攻2300/守2000
このカードは通常召喚できない。
ゲームから除外されている自分の光属性モンスターが3体以上の場合のみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、ゲームから除外されている自分の光属性モンスター1体を選択してデッキに戻し、フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択してゲームから除外できる。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

《カオス・ソーサラー》亜種、召喚条件や効果の発動する際にコストが必要、などいくつか縛りはあるものの専用デッキを構築したり、《異次元の女戦士》や《放浪の勇者フリード》と一緒に使うのがいいのかなと思っています。

《ライトレイ ダイダロス》
効果モンスター
星7/光属性/海竜族/攻2600/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性モンスターが4体以上の場合のみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、フィールド上のカード2枚とフィールド魔法カード1枚を選択して発動できる。
選択したカードを破壊する。

このカードは《海竜-ダイダロス》の亜種ですね。非常に強力なカードで、相手がフィールド魔法を使用する《ドラグニティ》のようなデッキタイプであれば一気に三枚のカードを、ノーコストで奪っていくという怪物です。とはいえそんなに都合よく相性のいい相手に会えるわけではないので、デッキを作る場合は《歯車街》《機皇城》のようなカードと併用する形になると思います。

《ライトレイ ギア・フリード》
効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2800/守2200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性モンスターが5種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターが戦士族のみの場合、自分の墓地の戦士族モンスター1体をゲームから除外する事で、魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

これはイラストから見るに《フェニックス・ギア・フリード》の亜種でしょう。先程紹介した《ライトレイ ソーサラー》《ライトレイ ダイダロス》よりも召喚条件が厳しくなっていますが、効果は強力です。光属性・戦士族で固めた下級ビートか、コストに該当するカードがそこそこ存在する《ライトロード》に派遣される形になるのではないかな、と思っています。無効ってやっぱり強いですよね。

《ライトレイ ディアボロス》
効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2800/守1000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の光属性モンスターが5種類以上の場合に特殊召喚できる。
1ターンに1度、自分の墓地の光属性モンスター1体をゲームから除外する事で、相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して確認し、持ち主のデッキの一番上または一番下に戻す。

このカードの元は《魔王ディアボロス》ですね。先程の《ライトレイ ギア・フリード》と同じ召喚条件ですが能動的に魔法・罠を取り除いて行く効果です。ただ、無効にする類の効果ではないのでチェーン発動を行われたり、《奈落の落とし穴》等のこのカードが間に合わないようなカードも弱点です。しかし、能動的に墓地の光属性モンスターを除外しにいけるのはデッキによってはメリットにも成りえるので遊号はこのカードを弱いとは言いたくないです。ただ、上記のカードや他のカードの陰に隠れてしまうだろうな、とは思ってます。すみません。

また、近いうちに《ライトレイ ソーサラー》《ライトレイ ダイダロス》《ライトレイ ギア・フリード》《ライトレイ ディアボロス》のいずれかを使用したデッキを上げようと考えています。それでは今回はこの辺で。

マリシャス・デビル

息抜きでつくってみました。

今回の主役は

《E-HEROマリシャス・デビル》
融合・効果モンスター
星8/炎属性/悪魔族/攻3500/守2100
「E-HERO マリシャス・エッジ」+レベル6以上の悪魔族モンスター
このカードは「ダーク・フュージョン」による融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手ターンのバトルフェイズ中に相手フィールド上に存在するモンスターは全て表側攻撃表示になり、相手プレイヤーは全てのモンスターでこのカードを攻撃しなければならない。

【マリシャス・デビル】

モンスター14枚
《E-HEROマリシャス・エッジ》×3
《E・HEROエアーマン》×1
《E・HEROプリズマー》×3
《トラゴエディア》×2
《冥府の使者ゴーズ》×1
《召喚僧サモンプリースト》×2
《バトル・フェーダー》×2

魔法23枚
《ダーク・コーリング》×3
《ミラクル・フュージョン》×3
《平行世界融合》×1
《未来融合-フューチャーフュージョン》×1
《増援》×1
《E-エマージェンシーコール》×3
《死者蘇生》×1
《大嵐》×1
《サイクロン》×3
《ブラック・ホール》×1
《強欲で謙虚な壺》×3
《月の書》×1
《おろかな埋葬》×1

罠3枚
《強制脱出装置》×2
《サンダー・ブレイク》×1

EX
《E-HEROマリシャス・デビル》×3
《E・HERO The シャイニング》×2
《E・HEROエスクリダオ》×2
《E・HEROガイア》×2
《E・HERO Great TORNADO》×1
《No.39希望皇ホープ》×1
《ラヴァルバル・チェイン》×1
《No.50ブラックコーン号》×1
《ジェムナイト・パール》×1
《No.11ビッグ・アイ》×1

以上がデッキになります。
流れは、《E・HEROプリズマー》の効果などで《E-HEROマリシャス・エッジ》を墓地に送り、その後《ダーク・コーリング》で《E-HEROマリシャス・デビル》を召喚してビートを行うというものです。
守りは《冥府の使者ゴーズ》やフリーチェーンの魔法・罠で行います。ただ、構築上長期戦には向かないので、相手のライフを0にできるチャンスを逃さないようにすることがポイントです。

ラズリーHERO

DT新弾【破滅の邪龍ウロボロス】で登場した《ジェムナイト・ラズリー》と《ジェムナイト・セラフィ》に余っていたHEROをオーバーレイ!!
好きなカテゴリが無理なく同居できるのは大変喜ばしいです。
しかし、ガイアの値段が憎らしい。

《ジェムナイト・ラズリー》
効果モンスター
星1/地属性/岩石族/攻 600/守 100
このカードがカードの効果によって墓地へ送られた場合、自分の墓地の通常モンスター1体を選択して手札に加える事ができる。
《ジェムナイト・オブシディア》
効果モンスター
星3/地属性/岩石族/攻1500/守1200
このカードが手札から墓地へ送られた場合、自分の墓地に存在するレベル4以下の通常モンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。
《ジェムナイト・セラフィ》
融合・効果モンスター
星5/地属性/天使族/攻2300/守1400
「ジェムナイト」と名のついたモンスター+光属性モンスター
このカードは上記のカードを融合素材とした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分のメインフェイズ時に1度だけ、自分は通常召喚に加えてモンスター1体を通常召喚できる。

【ジェムナイト・HERO】

モンスター19枚
《ジェムナイト・ラズリー》×3
《ジェムナイト・オブシディア》×1
《ジェムレシス》×3
《E・HEROエアーマン》×1
《E・HEROアナザーネオス》×3
《E・HEROスパークマン》×2
《沼地の魔神王》×3
《召喚僧サモンプリースト》×2
《モンスター・アイ》

魔法18枚
《融合》×3
《融合回収》×3
《未来融合―フューチャー・フュージョン》×1
《融合賢者》×2
《増援》×1
《E-エマージェンシーコール》×3
《ミラクル・フュージョン》×1
《死者蘇生》×1
《大嵐》×1
《ブラック・ホール》×1
《ワン・フォー・ワン》×1

罠3枚
《王宮のお触れ》×3

EX15枚
《ジェムナイト・セラフィ》×3
《ジェムナイト・ジルコニア》×1
《E・HEROガイア》×3
《E・HEROアブソルートZero》×1
《E・HERO The シャイニング》×1
《E・HEROエスクリダオ》×1
《ラヴァルバル・チェイン》×1
《ジェムナイト・パール》×1
《No.39希望皇ホープ》×1
《No.61ヴォルカザウルス》×1
《ヴェウズ・ウロボロス》×1

以上です。作ったばかりなのでまだ無駄な部分は多いかもしれませんが(;一_一)
デッキの流れは【正規融合】どうりの動きですが、《ジェムナイト・ラズリー》や《ジェムナイト・オブシディア》によって消費を極力抑えて行こうとしたものです。また、《ジェムナイト・セラフィ》が通常召喚権を増やしてくれるのでランク4のエクシーズ召喚を行いやすいのが利点です。
EXはこのデッキを使用しててよく出てくるモンスターをまとめてみました。

デッキ紹介(1)

記念すべき第一回と言う事で自分が使い続けているデッキを上げてみます。
このデッキが完成してからというもの大会ではこれしか使用してない。

【N・シムルグ】

モンスター21枚
《ダーク・シムルグ》×3
《カオス・ソルジャー‐開闢の使者‐》×1
《ダーク・アームド・ドラゴン》×1
《冥府の使者ゴーズ》×1
《E・HEROエアーマン》×1
《E・HEROプリズマー》×3
《N・アクア・ドルフィン》×1
《N・グラン・モール》×1
《N・ブラック・パンサー》×3
《N・エア・ハミングバード》×3
《エフェクト・ヴェーラー》×3

魔法14枚
《コンバート・コンタクト》×3
《ミラクル・フュージョン》×3
《未来融合‐フューチャー・フュージョン》×1
《闇の誘惑》×1
《大嵐》×1
《サイクロン》×1
《死者蘇生》×1
《ブラック・ホール》×1
《月の書》×1
《強欲で謙虚な壺》×1

罠5枚
《神の警告》×2
《奈落の落とし穴》×2
《激流葬》×1

EX15枚
《E・HEROカオス・ネオス》×1
《E・HEROストーム・ネオス》×1
《E・HEROエスクリダオ》×1
《E・HERO Great TORNADO》×1
《E・HERO アブソルートZero》×1
《E・HERO The シャイニング》×2
《虚空海竜リヴァイエール》×1
《発条機雷ゼンマイン》×1
《ラヴァルバル・チェイン》×1
《ジェムナイト・パール》×1
《インヴェルズ・ローチ》×1
《A・O・J カタストル》×1
《スクラップ・ドラゴン》×1
《氷結界の龍トリシューラ》×1

以上です。
回し方は《コンバート・コンタクト》や《E・HEROプリズマー》からN達をおとしてそれをコストに《ダーク・シムルグ》や《ミラクル・フュージョン》からの大型HEROにつなげる形です。
昔は魔封じの芳香とか入っていました。しかし《N・ブラック・パンサー》は便利。

初めまして

繰り返すようですが初めまして。
遊号です。
このブログでは主に遊戯王関連の記事を書きこんでいきたいと思ってます。
それ以外の記事も書くかもしれませんが、基本的には自分の戦績やデッキレシピを書き込んでいきます。
ブログの更新は自分でもどうなるかは分かりませんが、可能な限り更新していけたらなー、と考えています。
デッキに関しては趣味が強く出ていると思うので・・・少し暴走気味かもしれません。

プロフィール

遊号@遊戯王

Author:遊号@遊戯王
融合とダーク・シムルグが手放せない遊戯王プレイヤーです。
ブログは初めてなのでいろいろと拙いかもですがよろしくお願いします。
遊戯王以外でハマっているのは、メダロット・メタルギア・エースコンバット等です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。