Generation neXt

遊号のページへようこそ。遊戯王OCGについて書きこんでいこうと思います。主に、デッキのレシピを上げていこうと考えてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【マドルチェ・プディンセス】

前回予告したデッキ【マドルチェ・プディンセス】の紹介です。

《マドルチェ・プディンセス》
効果モンスター
星5/地属性/天使族/攻1000/守1000
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、このカードをデッキに戻す。
自分の墓地にモンスターが存在しない場合、このカードの攻撃力・守備力は800ポイントアップする。
このカードが相手モンスターと戦闘を行った時、相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。

《安全地帯》
永続罠
フィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターは相手の効果の対象にならず、戦闘及び相手の効果では破壊されない。
また、選択したモンスターは相手プレイヤーに直接攻撃する事はできない。
このカードがフィールド上に存在しなくなった時、そのモンスターを破壊する。
そのモンスターがフィールド上から離れた時このカードを破壊する。

【マドルチェ・プディンセス】

モンスター14枚
《マドルチェ・プディンセス》×3
《マドルチェ・マジョレーヌ》×3
《マドルチェ・ミルフィーヤ》×3
《マドルチェ・バトラスク》×1
《マドルチェ・メェプル》×1
《マドルチェ・シューバリエ》×1
《バトル・フェーダー》×2

魔法12枚
《マドルチェ・シャトー》×3
《強欲で謙虚な壺》×3
《サイクロン》×2
《禁じられた聖槍》×2
《月の書》×1
《ブラック・ホール》×1

罠14枚
《安全地帯》×3
《血の代償》×2
《マドルチェ・マナー》×2
《激流葬》×2
《神の警告》×2
《神の宣告》×1
《奈落の落とし穴》×1
《スターライト・ロード》×1

以上がデッキ構成になります。EXは前回の【マドルチェ】同様汎用性の高いエクシーズを入れておけばいいかと思います。
主なデッキの回し方は、《マドルチェ・プディンセス》の除去効果が優秀なので、《マドルチェ・プディンセス》でビートダウンを行うことを目的とします。
《マドルチェ・プディンセス》の展開方法は《マドルチェ・ミルフィーヤ》からの特殊召喚、《バトル・フェーダー》をリリースしての通常召喚が望ましいですが、《安全地帯》もしくは《マドルチェ・マナー》があればフィールドのマドルチェをリリースしても大丈夫です。
ただ《マドルチェ・プディンセス》の維持のために《安全地帯》を使用しているので、《マドルチェ・シャトー》、《血の代償》ともども《サイクロン》等に妨害されると劣勢になる場合があるので好みで魔法・罠を無効化する《マドルチェ・ティーブレイク》《魔宮の賄賂》を入れるのもありかもしれません。
スポンサーサイト

【マドルチェ】

さて、今回取り上げるのは 新弾RETURN OF THE DUELISTで登場したカテゴリー【マドルチェ】です。
今回の主要カードは

《マドルチェ・マジョレーヌ》
効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1400/守1200
このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時、このカードをデッキに戻す。
このカードが召喚・反転召喚に成功した時、デッキから「マドルチェ」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

《マドルチェ・シャトー》
フィールド魔法
このカードの発動時に、自分の墓地に「マドルチェ」と名のついたモンスターが存在する場合、そのモンスターを全てデッキに戻す。
このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド上の「マドルチェ」と名のついたモンスターの攻撃力・守備力は500ポイントアップする。
また、「マドルチェ」と名のついたモンスターの効果によって、自分の墓地からモンスターをデッキに戻す場合、デッキに戻さず手札に戻す事ができる。

【マドルチェ】

モンスター14枚
《マドルチェ・マジョレーヌ》×3
《マドルチェ・バトラスク》×2
《マドルチェ・シューバリエ》×2
《カードカー・D》×3
《トラゴエディア》×2
《エフェクト・ヴェーラー》×2

魔法12枚
《マドルチェ・シャトー》×3
《サイクロン》×3
《強欲で謙虚な壺》×3
《死者蘇生》×1
《ブラック・ホール》×1
《月の書》×1


《奈落の落とし穴》×2
《神の警告》×2
《強制脱出装置》×2
《血の代償》×2
《激流葬》×2
《サンダー・ブレイク》×1
《デモンズ・チェーン》×1
《神の宣告》×1
《スターライト・ロード》×1

以上がデッキ構成になります。EXはランク4のエクシーズを15枚投入しておけばいいんじゃないかな?なんてくらいEXを使用しない場合が多いです。
主なデッキの回し方は、《マドルチェ・マジョレーヌ》のサーチ能力で戦線を維持しつつ、バックのカードで相手のモンスターを除去していく【除去ガジェット】に近い形になります。また、《血の代償》を投入しているので、場合によっては大量展開からの大ダメージなんかも狙えます。
こうしてみると【ガジェット】関連デッキの下位に見えてしまいがちですが、フィールド魔法《マドルチェ・シャトー》により【ガジェット】にはない下級上位の攻撃力が期待できます。また、《マドルチェ・シャトー》が存在しなくとも《マドルチェ・マジョレーヌ》が戦線を維持してくれるので粘り強く戦えると思います。

さて、今回は【マドルチェ】にも拘わらず、《マドルチェ・プディンセス》が投入されておりません。なので次回は【マドルチェ・プディンセス】を公開したいと思います。

セイクリッド・闇型

今回紹介するのは【セイクリッド】です。
主要カードは

《セイクリッド・カウスト》
効果モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻1800/守 700
このカードはシンクロ素材にできない。
フィールド上の「セイクリッド」と名のついたモンスター1体を選択して以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果は1ターンに2度まで使用できる。
●選択したモンスターのレベルを1つ上げる。
●選択したモンスターのレベルを1つ下げる。

《セイクリッド・プレアデス》
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/光属性/戦士族/攻2500/守1500
光属性レベル5モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、フィールド上に存在するカード1枚を選択して持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

《セイクリッド・トレミスM7》
エクシーズ・効果モンスター
ランク6/光属性/機械族/攻2700/守2000
レベル6モンスター×2
このカードは「セイクリッド・トレミスM7」以外の
自分フィールド上の「セイクリッド」と名のついたエクシーズモンスターの上にこのカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。
この方法で特殊召喚した場合、このターンこのカードの効果は発動できない。
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、自分または相手のフィールド上・墓地のモンスター1体を選択して持ち主の手札に戻す。

【セイクリッド】

モンスター17枚
《セイクリッド・シェラタン》×2
《セイクリッド・ポルクス》×3
《セイクリッド・カウスト》×3
《墓守の偵察者》×3
《サイバー・ドラゴン》×2
《トラゴエディア》×2
《オネスト》×1
《カオス・ソルジャー―開闢の使者―》×1

魔法13枚
《セイクリッドの星痕》×3
《簡易融合》×2
《サイクロン》×2
《強欲で謙虚な壺》×2
《死者蘇生》×1
《月の書》×1
《ブラック・ホール》×1
《貪欲な壺》×1

罠10枚
《デモンズ・チェーン》×2
《神の警告》×2
《奈落の落とし穴》×2
《トラップ・スタン》×2
《神の宣告》×1
《スターライト・ロード》×1

EX15枚
《音楽家の帝王》×2
《セイクリッド・トレミスM7》×2
《セイクリッド・プレアデス》×2
《セイクリッド・オメガ》×1
《セイクリッド・ビーハイブ》×1
《セイクリッド・ヒアデス》×1
《No.61ヴォルカザウルス》×1
《ジェムナイト・パール》×1
《インヴェルズ・ローチ》×1
《ラヴァルバル・チェイン》×1
《ダイガスタ・エメラル》×1
《発条機雷ゼンマイン》×1

以上になります。主な流れとして、《セイクリッド・カウスト》と《セイクリッド・ポルクス》or《サイバー・ドラゴン》or《簡易融合》からの《音楽家の帝王》からの《セイクリッド・プレアデス》を狙う形になります。《セイクリッド・プレアデス》は相手のターンにも効果が起動できるので、除去として役に立ってくれます。また、《デモンズ・チェーン》を自身の効果で使い回す事も出来ます。
闇が混合している理由としては、《カオス・ソルジャー―開闢の使者―》という単独で機能する切札を入れるためです。理由として、【セイクリッド】では主にエクシーズモンスターをメインのアタッカー・除去に使用するので劣勢の時に1枚で場を圧倒できるカードが欲しいなーと感じたためです。

エーリアン

今回紹介するのは少し懐かしい【エーリアン】です。
主要カードは

《エーリアンモナイト》
チューナー(効果モンスター)
星1/光属性/爬虫類族/攻 500/守 200
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地に存在するレベル4以下の「エーリアン」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。

《レスキューラビット》
効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻 300/守 100
このカードはデッキから特殊召喚する事はできない。
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードをゲームから除外して発動する。
自分のデッキからレベル4以下の同名通常モンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。
「レスキューラビット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

《宇宙砦ゴルガー》
シンクロ・効果モンスター
星5/光属性/爬虫類族/攻2600/守1800
「エーリアンモナイト」+チューナー以外の「エーリアン」と名のついたモンスター1体以上
1ターンに1度、フィールド上に表側表示で存在する魔法・罠カードを任意の枚数持ち主の手札に戻し、その枚数分だけAカウンターをフィールド上に存在するモンスターに置く事ができる。
1ターンに1度、フィールド上に存在するAカウンターを2つ取り除く事で、相手フィールド上に存在するカード1枚を破壊する。

【エーリアン】

モンスター19枚
《エーリアンモナイト》×3
《エーリアン・ウォリアー》×3
《エーリアン・テレパス》×1
《エーリアン・ソルジャー》×3
《霞の谷のファルコン》×2
《レスキューラビット》×3
《セイバーザウルス》×3
《BF-精鋭のゼピュロス》×1

魔法9枚
《古代遺跡コードA》×3
《死者蘇生》×1
《ブラック・ホール》×1
《光の護封剣》×1
《強者の苦痛》×1
《サイクロン》×2

罠12枚
《リビングデッドの呼び声》×3
《奈落の落とし穴》×2
《神の警告》×2
《安全地帯》×2
《スターライトロード》×1
《神の宣告》×1
《激流葬》×1

EX15枚
《宇宙砦ゴルガー》×3
《A・O・Jカタストル》×1
《TGハイパーライブラリアン》×1
《ミスト・ウォーム》×1
《No.39希望皇ホープ》×1
《ラヴァルバル・チェイン》×1
《No.50ブラックコーン号》×1
《ジェムナイト・パール》×1
《エヴォルカイザー・ラギア》×1
《ダイガスタ・エメラル》×1
《セイクリッド・オメガ》×1
《No.61ヴォルカザウルス》×1
《セイクリッドプレアデス》×1

以上になります。《レスキューラビット》⇒《エーリアン・ソルジャー》or《セイバーザウルス》⇒《ラヴァルバル・チェイン》or《エヴォルカイザー・ラギア》の出だしを切れれば最高です。《ラヴァルバル・チェイン》の主な使用方法は《エーリアンモナイト》or《レスキューラビット》をデッキトップに持ってくる、もしくは《BF-精鋭のゼピュロス》を墓地に落とすのいずれかです。また、《安全地帯》がゴルガーの効果と併用すればノーコストの除去になります。そのほかはゴルガーが登場した当時と行動は変わりません。

幻想機皇

5日からは毎日更新できるように日程が組めた。ホッとしてます。
見てくれている方々ごめんなさい遅くなりました。

今回の主役はこのカード達

《幻想召喚師》
効果モンスター
星3/光属性/魔法使い族/攻 800/守 900
リバース:このカード以外のモンスター1体をリリースし、融合モンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚した融合モンスターはエンドフェイズ時に破壊される。

《地天の騎士ガイアドレイク》
融合・効果モンスター
星10/地属性/獣戦士族/攻3500/守2800
「大地の騎士ガイアナイト」+効果モンスター以外のシンクロモンスター
このカードは効果モンスターの効果の対象にならず、効果モンスターの効果では破壊されない。

【幻想機皇】

モンスター19枚
《幻想召喚師》×3
《マシュマロン》×2
《魂を削る死霊》×2
《クリッター》×1
《機皇兵ワイゼル・アイン》×3
《機皇兵スキエル・アイン》×3
《機皇兵グランエル・アイン》×3
《機皇帝ワイゼル∞》×1
《カオス・ソルジャー―開闢の使者―》×1

魔法8枚
《強制転移》×2
《月の書》×1
《大嵐》×1
《サイクロン》×1
《死者蘇生》×1
《ブラック・ホール》×1
《リミッター解除》×1

罠13枚
《カオス・インフィニティ》×3
《奈落の落とし穴》×2
《神の警告》×2
《リビングデッドの呼び声》×3
《くず鉄のかかし》×2
《スターライト・ロード》×1

EX15枚
《地天の騎士ガイアドレイク》×2
《サイバー・ツイン・ドラゴン》×1
《サイバー・エンド・ドラゴン》×1
《ガトリング・ドラゴン》×1
《ナチュル・エクストリオ》×1
《青眼の究極竜》×1
《重爆撃禽ボム・フェネクス》×1
《No.39希望皇ホープ》×1
《ラヴァルバル・チェイン》×1
《No.50ブラック・コーン号》×1
《ジェムナイト・パール》×1
《インヴェルズ・ローチ》×1
《発条機雷ゼンマイン》×1
《No.17リバイス・ドラゴン》×1
《ヴェルズ・ウロボロス》×1

以上がデッキの内容です。
 コンボデッキなので《幻想召喚師》と《カオス・インフィニティ》をなるべく早く手札に加える必要があります。
《幻想召喚師》セット《カオス・インフィニティ》セットを行い、相手のターンで《カオス・インフィニティ》を発動すると、EXデッキの融合モンスターを一体特殊召喚できます。しかし、この方法で特殊召喚したモンスターは《幻想召喚師》の効果で破壊されてしまいます。なので破壊耐性のある《地天の騎士ガイアドレイク》を特殊召喚する事になるでしょう。
 また、《くず鉄のかかし》などで《幻想召喚師》を維持できた場合はその場その場に最適な融合モンスターを特殊召喚する。といった流れです。


・・・しかし、このレシピ少し前のもので最近ではこのデッキに《強欲で謙虚な壺》を3枚指しています。

プロフィール

遊号@遊戯王

Author:遊号@遊戯王
融合とダーク・シムルグが手放せない遊戯王プレイヤーです。
ブログは初めてなのでいろいろと拙いかもですがよろしくお願いします。
遊戯王以外でハマっているのは、メダロット・メタルギア・エースコンバット等です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。